宮城のニュース

「伝言板ゆるる」創刊20年に感謝

20年間の思い出を語る大久保代表理事

 宮城県内の市民団体を紹介する情報誌「月刊杜の伝言板ゆるる」を発行する仙台市の認定NPO法人が11日、宮城野区のホテルで創立20周年の記念式典を開いた。関係者約60人が出席した。
 認定NPO法人「杜の伝言板ゆるる」の大久保朝江代表理事が「20年続いてきたのは多くの方の協力のおかげ」と語り、17の個人・団体に感謝状を贈った。
 情報誌の編集部は1996年12月に発足し、97年6月に「月刊杜の伝言板ゆるる」を創刊。今年5月に240号を数えた。無料で約9000部を発行する。
 法人はインターネットサイト「みやぎNPO情報ネット」やNPO関係者向けの会計講座も運営。みやぎNPOプラザ(宮城野区)の指定管理を担っている。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2017年06月14日水曜日


先頭に戻る