宮城のニュース

被災造船所、新工場が完成 2度目の再建

石巻市西浜町で再建した鈴木造船所の新工場

 東日本大震災で被災した宮城県石巻市の鈴木造船所が同市西浜町に建設していた新工場の落成式が13日、現地であった。主に県内の事業者の漁船や作業船の修繕、造船などを請け負う。
 新工場は鉄骨中2階の造船工場、鉄骨3階の木工場などから成る。約2万1000平方メートルの敷地に船台や大型クレーンなどを備え、最大で総重量499トンの船を受け入れられる。
 市内の造船事業者と協力して2015年11月から新工場を整備し、今年5月末に完成した。総事業費は約30億円で、国や市の補助金などを充てた。
 震災前、同市川口町にあった鈴木造船所は津波で全壊。12年12月に川口町で再建したが、旧北上川河口部の堤防建設に伴い西浜町へ移った。
 式典には関係者ら約150人が参加。鈴木千代正社長は「晴れてこの日を迎えることができた。石巻の基幹産業である水産業の発展に尽くしたい」と誓った。
 市内では、国などの補助金を活用した4カ所の造船所の再建が全て完了した。


2017年06月14日水曜日


先頭に戻る