宮城のニュース

<松本零士さん>桜並木 絵本で守る

出来上がった絵本の表紙を紹介する小野寺さん

 「銀河鉄道999」などの作品で知られる漫画家松本零士さん(79)が、宮城県の河川堤防建設に伴い伐採される気仙沼市の神山川(6.9キロ)沿いの桜並木を題材にした絵本づくりに取り組んでいる。松本さんは「人の心を置き去りにした復興」と批判し、作品を通じて計画の見直しを訴えている。
 絵本のタイトルは「桜ものがたり〜アーシャと花の妖精〜」。桜を育て続けた老人「そうさん」と桜の精「アーシャ」が愛情を注いだ桜が津波に耐え、その後も美しい花を咲かせて地元に勇気を与える物語。今秋にも作品は完成する。
 モデルとなる桜並木は気仙沼市内を流れる大川支流の神山川左岸、約600メートルに並ぶソメイヨシノ約60本。地元住民が約40〜50年前に植栽し、手入れしてきた。住民の憩いの場であり、東日本大震災の津波に耐えて花を咲かせたことが地元では話題となった。
 県の計画は津波の越流を防ぐため、海抜3.7メートルの堤防を築く。桜を伐採した上で土手を盛り土し、コンクリート張りにする予定。
 地元では伐採に根強い反対がある。松本さんと親交がある同市田中前の洋菓子店「パルポー」の小野寺恵喜社長(69)は「未来の子どもたちに残さなければならない、気仙沼のかけがえのない財産だ」と話す。
 小野寺さんが県の伐採計画を説明し、桜を残す意義を訴えたところ、松本さんが共感。松本さんは今年2月から、精力的に絵本作りに取り組んでいる。
 松本さんは「私の著作の中にも人の心を置き去りにした復興を描いた作品があるが、まさにそれを見る思いだ。いま一度、立ち止まって桜の伐採を考え直していただきたい」とコメントしている。


関連ページ: 宮城 社会

2017年06月14日水曜日


先頭に戻る