宮城のニュース

<仙台中学生自殺>体罰有無のアンケート開始

 仙台市青葉区の折立中2年の男子生徒(13)が教諭2人から体罰を受けた上、いじめを訴えて自殺した問題で、市と市教委は13日、全校生徒に体罰の有無などを尋ねるアンケートを始めた。
 質問項目は「男子生徒が体罰を受けたのを見聞きしたか」「自分が体罰を受けたり、他の生徒が受けたりするのを見聞きしたか」の2点。体罰を受けるなどした場合は、具体的な内容や教諭名を記入してもらう欄も設けた。匿名での回答も可とした。
 生徒らが同校の教員らに気兼ねしなくて済むよう、返信用封筒で市教委に直接郵送する方式を採った。全校生徒約260人に21日までの投函(とうかん)を呼び掛けている。


関連ページ: 宮城 社会

2017年06月14日水曜日


先頭に戻る