宮城のニュース

政宗と重臣2人の具足一堂に 10月特別展

特別展で展示される黒漆五枚胴具足。伊達政宗所用(重要文化財、仙台市博物館蔵)
伊達成実所用(伊達市教育委員会蔵)
伝片倉重綱所用(仙台市博物館蔵)

 仙台市博物館は13日、特別展「伊達政宗 生誕450年記念」(10月7日〜11月27日)の概要を発表した。伊達政宗(1567〜1636年)が米沢で生まれ、仙台藩祖として仙台・宮城の礎を築いた生涯を約230件の文化財で紹介する。
 目玉展示として政宗と重臣の伊達成実、片倉小十郎重綱の具足をまとめて展示する。3点がそろうのは同館が政宗と家族、家臣に焦点を当てて開いた30年前の特別展以来。かぶとの前面を飾る前立てに個性が表れている。
 博物館が最近収蔵した政宗の書状(代筆)も初公開する。南奥羽の制覇を確定させた摺上原(すりあげはら)合戦の当日、連携する武将に宛てて戦況を伝え、臨場感にあふれる。
 豊臣秀吉が政宗に与えた太刀や、江戸時代前期、政宗が滞在した江戸屋敷を描いたびょうぶも陳列する。


関連ページ: 宮城 社会

2017年06月14日水曜日


先頭に戻る