宮城のニュース

ベガルタ色の魚 躍動 水族館とコラボ

笑顔で水槽をのぞき込む入館者ら

 仙台市宮城野区の仙台うみの杜水族館で、サッカーJ1ベガルタ仙台との初のコラボレーション企画が行われ、チームカラーの黄金色の熱帯魚などが来場者の目を楽しませている。7月8日まで。
 クラブの本拠地ユアテックスタジアム仙台(泉区・ユアスタ仙台)やマスコットキャラクター「ベガッ太」をイメージして構成した水槽や、クラブ所属の石川直樹、三田啓貴、佐々木匠の3選手がプロデュースした水槽を展示している。
 17日は、ベガッ太とイルカが共演するパフォーマンスも実施。ベガッ太の指示でイルカがジャンプなどの得意技を披露する。
 期間中、仙台の試合観戦チケットの半券や年間チケット、ファンクラブ会員証を提示すると入館料が50〜200円引きになる。仙台の試合で入館券の半券や年間パスポートを提示しても、一部を除いて500円を割り引く。
 料金の相互割り引きは11月26日まで。観戦チケットを示して入館すれば石川、三田、佐々木3選手のサイン入りオリジナルスパイクが当たる抽選も。連絡先は仙台うみの杜水族館022(355)2214。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2017年06月14日水曜日


先頭に戻る