宮城のニュース

市民フォーラム自主投票の方針

 7月の仙台市長選で、市議会の民進党系会派「市民フォーラム仙台」は14日、「会派では対応を強制しない」とする方針を決めた。事実上の自主投票となる。
 所属議員10人の多くは、無所属で立候補する党県連幹事長の郡和子衆院議員(60)=比例東北=を支援する見通し。一方、党籍を持たない議員や野党共闘に否定的な議員もいるため、会派としての支援決定を見送った。


関連ページ: 宮城 社会

2017年06月15日木曜日


先頭に戻る