福島のニュース

<除染水増し請求>安藤ハザマ、2市で謝罪

福島県いわき市役所を訪れ謝罪する野村社長(右)ら

 東京電力福島第1原発事故に伴う除染事業を巡り、建設会社の安藤ハザマ(東京)が作業員の宿泊費を水増し請求した問題で、同社の野村俊明社長が14日、請求先の福島県のいわき市と田村市を訪れ、両市長に謝罪した。
 いわき市役所で野村社長は「社員の領収書改ざんへの関与は、あってはならないことだ」と頭を下げ、「第三者委員会で理由や経緯の調査を始めた。できるだけ早く報告したい」と説明した。
 清水敏男市長は「復興に向けて市民一丸となっている中で、信頼を根本から損ねる行為で怒りを覚える」と批判した。
 田村市役所で謝罪を受けた本田仁一市長は取材に「除染事業は住民の不安があり、緊急性を加味した制度になっていたが、それを悪用したのは極めて遺憾。国や県と調査を進め、厳しく対処する」と語った。
 同社の調査では、社員が下請け業者に指示して宿泊単価を増額させたり、人数を実際より多く変更させたりし、いわき市に約5300万円、田村市に約2700万円を水増し請求した。


関連ページ: 福島 社会

2017年06月15日木曜日


先頭に戻る