宮城のニュース

<女川2号機>ひびの建屋「耐力は確保」

 原子力規制委員会は15日、東北電力女川原発2号機(宮城県女川町、石巻市)の新規制基準に基づく適合性審査会合を開いた。東日本大震災後、耐震壁にひびが見つかった原子炉建屋について、東北電は「壁や屋根の鉄筋部材の健全性が確認され、建屋の耐力は確保されている」と主張した。
 原子炉建屋は幅1ミリ未満のひびが耐震壁に1130カ所あり、最上階の3階は地震に対する剛性(変形しにくさ)が最大70%低下したことが判明している。
 東北電は、シミュレーション解析を用いて目視点検できない部材を調べた結果、耐震壁の鉄筋や屋根の鉄骨などはひずみが小さく、建屋の耐力は鉄筋で保たれていると説明。剛性低下は地震の揺れに加え、コンクリートの乾燥収縮で生じたひび割れの影響とした。
 規制委側は「乾燥収縮によるひび割れはどのように進んだのか」と指摘。「鉄筋だけでなく、耐震壁の機能評価も示してほしい」と求めた。
 規制委は女川2号機が震災の震源に最も近いことを踏まえ、施設設備の損傷と強度への影響を詳細に検討する方針を示している。


関連ページ: 宮城 社会

2017年06月16日金曜日


先頭に戻る