宮城のニュース

アパート物置から出火 仙台で不審火3件

物置などが焼け、住民2人が病院に搬送されたアパート

 16日午前1時50分ごろ、仙台市青葉区中山7丁目のアパート「サンハイツ中山」(木造2階)から出火、物置や外壁などが焼けた。仙台北署や市消防局によると、アパート1階に住む女性(83)と少年(13)が市内の病院に搬送されたが、命に別条はない。
 仙台北署によると、5月下旬以降、中山7丁目では深夜から早朝にかけて新築中の住宅の台所が燃えるなどの被害が相次ぎ、今回で3件目となる。いずれも周囲に火の気がないため、同署が関連を調べている。
 アパートに住む50代の女性は「外に出たら煙だらけで怖かった。近所で火事が続き不安だ」と話した。
 現場はJR仙山線北山駅から北西に約2キロの住宅街。


関連ページ: 宮城 社会

2017年06月16日金曜日


先頭に戻る