宮城のニュース

<卓球>予選3回戦 張本敗れる

男子シングルス予選3回戦で敗退した張本

 卓球の荻村杯ジャパンオープン第2日は15日、東京体育館で行われ、男子は一般の部のシングルス予選3回戦で世界選手権個人戦ベスト8の13歳、張本智和(エリートアカデミー、仙台市出身)が中国選手に1−4で敗れ、16日からの本戦出場を逃した。吉村真晴(名古屋ダイハツ)はカナダ選手を4−2で破り、本戦に進んだ。
 ダブルスは本戦が始まり、男子は世界選手権銀メダルの大島祐哉(木下グループ)森薗政崇(明大、青森山田高出)組と銅メダルの丹羽孝希(スヴェンソン、青森山田高−明大出)吉村組が1回戦を勝ち、8強入りを果たした。
 女子は石川佳純(全農)浜本由惟(日本生命)組が1回戦で敗れ、世界選手権3位の16歳ペア、伊藤美誠(スターツ)早田ひな(福岡・希望が丘高)組が早田の右膝痛のため、1回戦を棄権した。
 21歳以下(U−21)の女子シングルス決勝で梅村優香(大阪・四天王寺高)が12歳の木原美悠(エリートアカデミー)を3−1で下して初優勝し、男子シングルス決勝で龍崎東寅(明大)は韓国選手に敗れた。


2017年06月16日金曜日


先頭に戻る