宮城のニュース

宮城県庁17階窓から行政文書落下 一部未回収

 宮城県は16日、予算関連の行政文書7枚を紛失したと発表した。
 県財政課によると16日午後0時10分ごろ、「青葉区役所周辺に県の書類が散らばっている」と県に電話があった。仙台市青葉区の県庁17階にある会議室の窓から、財政課職員が管理する書類が入ったクリアファイルが建物外部に落ち書類69枚が飛散。職員20人態勢で捜したところ、62枚が回収されたものの、7枚が回収できなかった。
 県によると、未回収書類のうち4枚は予算要求関連の書類で、うち2枚には2社の会社名などが記された見積書が含まれていた。ファイルが窓から落ちた原因は不明という。
 県財政課は「紛失による実害はないと思われるが、2社に謝罪し誠実に対応したい。再発防止に努める」と話している。


関連ページ: 宮城 社会

2017年06月17日土曜日


先頭に戻る