秋田のニュース

拳銃不適切管理で注意 秋田県警

 秋田県警は16日、拳銃を適切に管理しなかったとして県央部の警察署の20代男性巡査長を本部長注意、一般女性と不適切な関係を持ったとして県南部の警察署の20代男性巡査部長を本部長訓戒の処分にしたと明らかにした。処分は巡査長が5月15日付、巡査部長が同30日付。巡査長は勤務明けの4月2日朝、拳銃の保管を当直長に依頼せず、自分のロッカーに入れたまま帰宅。巡査部長は今年1〜3月中旬、妻がいるにもかかわらず、一般女性と不適切な交際関係にあった。


関連ページ: 秋田 社会

2017年06月17日土曜日


先頭に戻る