福島のニュース

<常磐道>いわき中央―広野間で4車線工事

着工式でくわ入れをして工事の安全を祈願する関係者

 東日本高速道路は17日、常磐自動車道いわき中央(いわき市)−広野インターチェンジ(IC、福島県広野町)間の4車線化の着工式をいわき市で開いた。東京電力福島第1原発事故に伴う廃炉や復興事業の影響で増えた渋滞の緩和などが期待される。2020年度末までの完成を目指す。
 15年3月に全線開通した常磐道は、いわき中央−岩沼IC(岩沼市)間の128キロが暫定2車線区間。4車線化はこのうち約27キロで、トンネルを2カ所掘り、橋を22カ所で架ける。総事業費は約900億円。
 着工式で関係者は、19年3月完成に向けて着工した大熊IC(福島県大熊町)、20年3月完成を目指し整備が始まった双葉IC(同双葉町)も併せ、工事の安全を祈願した。
 清水敏男いわき市長は「安全性や利便性の向上、廃炉や中間貯蔵施設への輸送体制を支える環境整備、産業基盤の再生につながる」とあいさつ。全町避難が続く双葉町の伊沢史朗町長は「復興加速化に寄与すると期待している」と述べた。
 暫定2車線区間のうち、山元(宮城県山元町)−岩沼IC間約14キロも20年度末までに4車線化される。広野−新地IC(福島県新地町)間の6カ所で追い越し用の車線が増設される。


関連ページ: 福島 社会

2017年06月18日日曜日


先頭に戻る