宮城のニュース

<NPOの杜>「あかねの思い」を届ける

 今年2月に活動35周年を迎えた、認定NPO法人あかねグループ。年老いた親の介護は家族、特に嫁の仕事と思われていた時代に、地域全体で高齢者を支える社会を目指そうと、女性たちが立ち上がってつくった、仙台の草分け的な福祉活動団体です。誰もが住み慣れた地域で安心して暮らす街づくりをモットーに、介護サービスや、生活の困りごとの助け合い、住民が気軽に集える喫茶ルームの運営などをしています。
 中でも大切にしているのが、高齢者や障害者など、食事づくりが困難な人の食生活をサポートする「あかね弁当」の配達です。栄養バランスがよいのはもちろん、味や食感、季節感に徹底的にこだわったあかね弁当。「いつもおいしい」と評判です。ご飯の硬さや量、おかずの変更などの要望にもきめ細やかに応じてきた結果、月2回、18食からスタートした配食は毎日型となり、今では月に約300名が利用しています。
 でも、届ける人がいてこそのサービス。安否確認をしながら手渡しする弁当配達ボランティアとともに、なくてはならないのが運転ボランティア。ぜひ、地域のためにお力を。https://npo-akane-group.jimdo.com/
(認定NPO法人杜の伝言板ゆるる 堀川晴代)


関連ページ: 宮城 社会 NPOの杜

2017年06月19日月曜日


先頭に戻る