宮城のニュース

<楽天>岡島 根性の決勝打

6回東北楽天1死一、二塁、岡島が中前に先制打を放ち、一塁へ向かう

 東北楽天の岡島が六回1死一、二塁、2ストライクに追い込まれてから、しぶとく先制打を放った。二塁付近へのゴロ打球は、遊撃手糸原の脇を際どくかすめ、転々と中前へ抜けた。日頃から打撃職人の雰囲気を漂わせる岡島は「根性で打ったヒット」と独特の表現で振り返った。
 一回1死一塁では投ゴロ併殺に倒れた。六回の打席も併殺打の可能性があったが、きっちりと3番打者の役目を果たした。「ネガティブなことを考えず、無心に近い感覚で打席に入れた」と自然体を強調した。


2017年06月19日月曜日


先頭に戻る