秋田のニュース

<ゴマフアザラシ>命名お願い!男鹿水族館

順調に成長している10日生まれの雌アザラシ
男鹿水族館が初めて人工成育した19日誕生の雌アザラシ

 秋田県男鹿市の男鹿水族館GAOは、4月に生まれたゴマフアザラシ2頭の名前を募集している。館内の応募箱と郵送で受け付ける。
 4月10日に生まれた雌は、体長約95センチ、体重約20キロ。飼育員の手から魚を食べるようになり、順調に成長しているという。
 同19日に誕生した雌は、母親が子育てせず、同水族館が初めて人工授乳などで成育。身長は約95センチ、体重は約25キロまで増えた。人間に慣れている様子で、前足で握手する練習などにも取り組んでいる。
 同水族館は、名前が採用された応募者を7月に開く命名式に招待する。記念品を贈呈し、アザラシへの餌付けを体験してもらう。
 郵送は、アザラシの名前と理由、応募者の住所、氏名、年齢、性別、電話番号を記入し、〒010−0673男鹿市戸賀塩浜、男鹿水族館GAO「アザラシ名前募集係」へ。締め切りは今月30日(必着)。


関連ページ: 秋田 社会

2017年06月21日水曜日


先頭に戻る