宮城のニュース

広瀬川に初の納涼床 仙台のNPO来月設置

広瀬川の河畔に仮設される納涼床のイメージ

 仙台市青葉区の広瀬川に納涼床(川床)が初めて設置されることが21日、分かった。同市のNPO法人「都市デザインワークス」が7月7〜9日、大橋の下流約100メートルの左岸(青葉区大手町)で、仙台七夕まつり(8月6〜8日)の先行イベントとして企画。河川管理者の宮城県が使用を認めた。
 「伊達な川床」と名付けた企画で、川にせり出すように足場を組み、水面の上に広さ20畳分の木製の板を張る。テーブルセットを数台置き、川岸に張ったテントで販売するビールやワイン、イタリア料理をセルフサービスで運び、納涼床での飲食を楽しんでもらう。
 河川法は河川区域の利用を原則として公的機関に限っている。今回は短期間の開催のため、県仙台土木事務所が河川区域の使用を認めた。
 納涼床は近世初頭から続く京都市の鴨川が有名。5〜9月に料亭や洋食店など約100店が軒を連ね、外国人観光客の人気も高い。
 都市デザインワークスの佐藤芳治事務局長は「川床を広瀬川の魅力の一つにしたい。せせらぎの音や風を感じ、七夕の夜空、大橋を見上げてほしい」と話す。
 7日はドリンクのみの提供で午後5〜8時。8、9の両日は午前8時〜午後8時に開放し、昼から飲食物を提供する。増水時は7月28〜30日に延期する。連絡先は都市デザインワークス022(264)2405。


関連ページ: 宮城 社会

2017年06月22日木曜日


先頭に戻る