宮城のニュース

<ポケGO>市バス運転手またも乗務中に操作

「ポケモンGO」の画面=2016年8月30日、仙台市青葉区

 仙台市交通局は22日、長町営業所の男性運転手(60)が市バス運転中にスマートフォン向けゲーム「ポケモンGO(ゴー)」を操作していたと発表した。昨秋にも同様の事例があり、菅沢勇自動車部長は「市民の信頼を裏切り、深くおわびする」と陳謝した。
 同局によると、男性運転手は20日午前8時10〜25分ごろ、太白区で市バス乗務中、信号待ちや停留所で停車した際に計4回、ポケモンGOで遊ぶなどスマホを操作した。乗客の指摘で発覚。運転手は「過去にも乗務中に複数回やった」と話しているという。
 昨年10月には別の運転手が市バスを回送運転中、ポケモンGOを操作し、街路樹に衝突する事故を起こした。同局は乗車前にスマホの電源を切ったことを上司が目視で確認するよう対策を講じたが、今回は怠った。
 今後はスマホを施錠したバッグに入れるなど対策を強化する。


関連ページ: 宮城 社会

2017年06月23日金曜日


先頭に戻る