福島のニュース

<避難解除>防犯指導隊が6年ぶり出動

パトロール活動に向かう防犯指導隊員

 東京電力福島第1原発事故の避難指示が一部を除き今年3月に解除された福島県飯舘村で22日、6年ぶりに活動を再開する防犯指導隊の出動式があった。
 指導隊は村内20行政区から各1人がボランティアで参加。2人一組で月に1回程度、村内を巡回する。帰村世帯の戸別訪問にも当たる。出動式で防犯指導隊長の菅野敬さん(73)は「帰村した人の生活安全のために活動したい」と抱負を語った。
 村内では原発事故後、村が雇用した住民による「見守り隊」が活動。2年後をめどに防犯指導隊にパトロールの取り組みを完全に引き継ぐという。


2017年06月23日金曜日


先頭に戻る