宮城のニュース

<東北新幹線35年>「Max」1日限りの復活

鉄道ファンらの出迎えを受けてJR仙台駅に到着したE4系「Max」=24日午前9時25分

 東北新幹線の開業35周年に合わせ、JR東日本は24日、1日限りの記念号としてオール2階建てのE4系車両「Max(マックス)」を仙台−上野間で5年ぶりに復活させた。
 始発の仙台駅では、午前9時34分の出発を前に、大勢の鉄道ファンや親子連れらがホームに集まった。カメラやスマートフォンをMaxに向け、懐かしい姿を写真に収めた。発車時には「いってらっしゃい」「バイバイ」と声が上がった。
 E4系車両は長い先頭部が特徴で、鉄道ファンからは「巨大イカ」とも呼ばれた。東北新幹線では1997年から活躍し大量輸送に威力を発揮。高速車両の導入に伴い2012年9月に姿を消した。現在は上越新幹線で運行されている。
 東北新幹線は1982年6月に大宮−盛岡間で運転を始めた。16年3月の新函館北斗までの北海道新幹線開業で、東北と北の大地が新幹線でつながった。35年の間にE4系を含む複数のタイプの車両が登場し、利用者らに親しまれた。


関連ページ: 宮城 社会

2017年06月24日土曜日


先頭に戻る