岩手のニュース

浴室脱衣場で児童盗撮、元臨時職員の男起訴

 地検水沢支部は23日、児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)などの罪で、元岩手県スポーツ振興事業団臨時職員菊池芳仁容疑者(32)を起訴した。起訴状などによると、昨年9月7日午後8時25分ごろ、当時勤務していた県立県南青少年の家(金ケ崎町)の浴室脱衣場に撮影機器を設置し、女子児童数人の裸の動画を撮影したとされる。


関連ページ: 岩手 社会

2017年06月24日土曜日


先頭に戻る