宮城のニュース

<特殊詐欺>79歳女性 100万円被害

 仙台南署は24日、仙台市太白区の無職女性(79)が、特殊詐欺で現金100万円とキャッシュカード1枚をだまし取られたと発表した。同署によると、23日正午ごろ、女性方に市内の百貨店や全国銀行協会を名乗る男から「女性の名前をかたり、クレジットカードを使った女を捕まえた。証拠としてキャッシュカードを渡して」などと電話があり、協会職員を名乗る20〜30代くらいの男が自宅を訪れた。女性が警察でないことを理由に断ると、仙台中央署員を名乗る男から電話があり、信用した女性は再度訪ねてきた男にキャッシュカードを渡し、暗証番号を伝えた。


関連ページ: 宮城 社会

2017年06月25日日曜日


先頭に戻る