宮城のニュース

<楽天>松井裕熱投 2回無失点で3勝目

9回から登板し、2回無失点で3勝目を挙げた楽天・松井裕=札幌ドーム

 松井裕の熱投だった。延長十回2死一、二塁、代打矢野を147キロの直球で空振り三振に切って取ると、マウンドで「よっしゃー」と大声を上げた。東北楽天の首位死守に負けられないこの試合、九、十回と2イニングに及ぶ救援で勝利への流れを呼んだ。
 十回1死から西川に左中間二塁打を浴びた。中田を中飛に打ち取ると、ベンチの指示でレアードを一塁に歩かせた。この2死一、二塁、矢野に続く代打として大谷(岩手・花巻東高出)が準備していた。昨年の日本シリーズ第6戦で、相手の救援投手に揺さぶりをかけた日本ハムの心理作戦だった。それでも松井裕は一切動じなかった。
 「矢野さんを打ち取るために、敬遠四球を出した。大谷さんには絶対に回さない」。気迫がみなぎっていたからこそ、窮地を脱して感情があらわになった。
 これで今季30試合を投げ終え、3勝21セーブ、防御率0.28は圧倒的な数字だ。「これから暑い時季になるし、今まで野手のみなさんに打ってもらってきた分の恩返しをしたい」。勝ってなお貪欲に貢献を誓うところが頼もしい。(金野正之)


2017年06月25日日曜日


先頭に戻る