宮城のニュース

<エコラの日々>種をつなごう

絵・木下亜梨沙

 毎日口にしているお米や野菜。その一生がどんなものか、花や種子の姿も知らない方は意外に多いのではないでしょうか。
 季節の折々にお米や野菜の花を改めて観察すると、たくさんの発見があります。ダイコンの花が咲いた後なら、種が入る前のさやを採ってサラダが作れます。季節の移ろいとその時季だけの味わいを、食卓に載せてみてはいかがでしょう。
 花が咲いた後は実になり種になります。この種を取り巻く状況はここ数年で大きく変わってきました。
 今、市場に出回っている野菜の大多数が、海外で採種育成されたF1種(一代交配種)であるといわれています。
 この種類の種は、次の世代では劣性の形質が現れてしまうため毎年購入する必要がありますが、農産物の品質がそろい、収量も高いなど、農業生産効率が大きくアップしました。全国どこでも同じ種による画一的な農業生産が行われるようになったのです。
 規格化や農産物直売所などの普及もあって、非効率で歩留まりの悪い在来野菜は一気に駆逐されてしまいました。長い年月を経て生まれ、その地になじんできた特徴のある姿・形・味わいの固定種、在来作物。その多くの品種、遺伝子資源が消滅し、多様性が失われてしまいました。
 一方で、そうした中でも、有機農業者や小規模家族農業の方々による自家採種と種苗交換が行われ、京都、石川や秋田などでは県単位でのリスト化や生産振興が続けられてきました。
 そして今、全国一律の品種にはない、その地域のストーリー、滋味が売りとなる、個性的なご当地野菜の魅力を見直そうという動きが、全国各地で湧き起こっています。
 地元ならではの料理法や保存食など豊かな食文化を伝えようと、仙台でも在来作物研究会やスローフード運動の方々、野菜ソムリエや飲食店の方々が取り組みを始めました。
 「食べ伝えるべき野菜に出合いたい」「野菜の種を採り、栽培してみたい」。そんな思いがある方はこの季節、在来野菜との出合いのアンテナを伸ばしてみませんか?
 お気に入りに出合えたら、種を採り、翌年まいて育ててみることをお勧めします。その間にたくさんの青果店、種苗店や有機農家の皆さんとも出会えるはず。「種」と「根っこ」について、ぜひ一緒に語り合っていただきたいと思います。(ACT53仙台・三浦隆弘)


2017年06月26日月曜日


先頭に戻る