岩手のニュース

<宮古市長選>現職の山本氏3選

 任期満了に伴う岩手県宮古市長選は25日投票が行われ、即日開票の結果、無所属現職の山本正徳氏(61)=公明支持=が、無所属新人の元市議内舘勝則氏(61)=民進・共産・自由・社民推薦=を破り、3選を果たした。
 山本氏は市内の事務所で「復興は道半ば。しっかりと完遂したい」と語った。前回市長選(2013年)は山本氏が無投票で再選されたため、今回初めて市長選で東日本大震災からの復興施策への評価が問われた。
 選挙戦では、災害公営住宅の全戸完成などを強調。各種基金の新設など復興後を見据えた政策を示して幅広く支持を集めた。
 内舘氏は、国政4野党の推薦を得て政党対決に持ち込もうとしたが、浸透しなかった。
 投票率は63.21%で、新設合併後最低だった09年の前々回(67.23%)を4.02ポイント下回った。当日の有権者は4万6476人。

 ◇宮古市長選開票結果(選管最終)
当  17,283山本 正徳 無現
   11,782内舘 勝則 無新

山本 正徳(61)(3)
市長(市教育委員長、歯科医)宮古市、岩手医大=《公》


関連ページ: 岩手 政治・行政

2017年06月26日月曜日


先頭に戻る