秋田のニュース

歌って踊れる秋田犬アイドル アジアで旋風

秋田犬のアイドルが地域をPRする動画の一シーン

 大館市など秋田県北の4市町村で構成する観光地域づくり推進法人(日本版DMO)「秋田犬ツーリズム」が制作した動画「Waiting4U(ウエーティング・フォー・ユー)〜モフモフさせてあげる」が、広報コンテスト「PRアワード・アジア2017」(PRWeek主催)の2部門で入賞した。「秋田犬のアイドル」が歌って踊るユニークさが評価された。
 「日本と韓国で実施したPRキャンペーン」部門で金賞、「アジア地域の官公庁が実施したPRキャンペーン」部門で銅賞に輝いた。アワードには16の国・地域の自治体や民間企業、団体から計628件のエントリーがあった。
 動画は2分10秒。顔は秋田犬、体はフリル付きドレス姿の人間の女性という3匹のアイドル「MOFU MOFU☆DOGS」(モフモフドッグス)が鳴き声で歌い、踊りながら、秋田県小坂町にある明治時代の芝居小屋「康楽館」や日本一大きいとされる北秋田市の「綴子(つづれこ)大太鼓」、きりたんぽ、曲げわっぱなど、地域の特産品や見どころを紹介している。
 昨年11月1日の「犬の日」に動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開を始めた。再生回数は約124万回に上る。
 ツーリズムの阿部拓巳専務理事は「観光の目玉に乏しかった地域の認知度を上げる効果があった。今後は観光客をどうもてなすか、地元の人たちで考えていきたい」と話す。


関連ページ: 秋田 社会

2017年06月26日月曜日


先頭に戻る