宮城のニュース

<楽天>則本8回4失点

東北楽天先発の則本=2017年6月26日、コボパ宮城

 東北楽天が土壇場で追い付き、延長十二回、4−4で引き分けた。
 2−4の九回2死一、三塁から暴投による振り逃げで1点差とし、代打松井稼の左前適時打で同点とした。0−2の六回にも2死二、三塁から銀次が右前に同点の2点打を放つ粘りを見せた。先発則本はT−岡田に先制2ランを浴びるなど8回4失点。
 オリックスは九回に抑えの4番手平野が崩れ、逃げ切れなかった。

 東北楽天−オリックス9回戦(東北楽天7勝1敗1分け、18時1分、Koboパーク宮城、24,931人)
オリックス000200200000=4
東北楽天 000002002000=4
(延長12回裏終了、規定により引き分け)
(本)T―岡田17号(2)(則本)=4回

☆イヌワシろっかーるーむ
<下妻貴寛捕手(延長十回からマスクをかぶり、松井裕ら救援3投手を無失点リード)>
 「無失点は投手の球がいいから。だけど、自分でもびっくりするくらい落ち着いてリードできた。悔しいのは(延長十一回の打席での)バント失敗。死ぬ気で転がさないと」

☆梨田の話ダ
<ゴールデングラブ>
 「松井稼は久しぶりで緊張感があったと思うが、僕らにはゴールデングラブを取り、ショートでならしたイメージある。プレーも危なげなかった」(松井稼の遊撃のプレーに)


2017年06月27日火曜日


先頭に戻る