宮城のニュース

<楽天>嶋と松井裕2年ぶりオールスター

ファン投票でオールスター戦出場が決まり、健闘を誓い合う東北楽天の嶋(左)と松井裕
ファン投票でオールスター戦に出場することが決まり、「ALL STAR」のAとSのポーズを取る嶋捕手(左)と松井裕投手=26日、コボパ宮城
大勢の報道陣に囲まれオールスターゲーム出場の会見に臨む松井裕投手と嶋捕手=26日、コボパ宮城

 プロ野球マイナビオールスターゲーム2017のファン投票の最終結果が26日に発表され、東北楽天から選出された嶋と松井裕は、同日のオリックス戦前にコボパ宮城で記者会見した。ともに2015年以来、2年ぶりの出場となる。
 通算8度目の嶋は「最後は楽天(の選手)同士で締めて勝ちたい」、2度目の松井裕も「嶋さんに(投球を)受けてほしい。ノーサインでも捕れるんじゃないか」と話し、球宴でまだ組んだことがないバッテリーの実現を熱望した。
 今季、嶋は正捕手として47試合に出場し、打率2割2分5厘、17打点、2本塁打(25日現在)。「チームは首位だが、個人としては誇れない数字。球宴までの残り試合で成績を上げ、胸を張って出られるようにしたい」と前半残りの試合での奮起を誓った。
 第1戦の会場はナゴヤドームで「僕の地元(岐阜県)にも近い」と楽しみな様子。「少しでもいいプレーを見せて、嶋を選んで良かったと言ってもらえるようにしたい」と意気込んだ。
 松井裕は30試合に登板し、防御率0.28、リーグトップの21セーブ(25日現在)を挙げ、守護神として首位堅持に大きく貢献。「セーブ数は1位だけど、チームやつないでくれた(救援陣の)先輩方のおかげ。首位チームを代表して行くからには恥はかけない。堂々としたプレーで、ゼロで抑えたい」と好投を誓った。


2017年06月27日火曜日


先頭に戻る