宮城のニュース

<B1仙台>佐藤、群馬へ移籍 柳川は残留

 B2降格が決まっている仙台は26日、シューティングガードの佐藤文哉(26)=170センチ、73キロ=のB2群馬への移籍と、シューティングガードの柳川龍之介(26)=188センチ、84キロ=との来季の契約基本合意を発表した。
 佐藤は仙台市出身で宮城・明成高−仙台大出。2013〜14年シーズンから4季プレーした。B1の昨季は出場59試合で1試合平均4.7点。「(移籍先で)プレーでも人としても成長した姿を見せたい」と球団を通じてコメントした。
 仙台市出身の柳川は、仙台高−白鴎大出。ナショナルリーグ(NBL)広島を経て15〜16年シーズンにbj仙台入りし、2季プレー。昨季は出場56試合で1試合平均4.5点を記録した。「仙台でB1に昇格することが自分の成長にもなる」とコメントした。
 球団と複数年契約しているパワーフォワードの坂本ジェイ(30)=206センチ、100キロ=とスモールフォワードの谷里京哉(22)=188センチ、74キロ=は、ともに球団を通じて「1年でB1に戻れるよう頑張る」とのコメントを寄せた。


関連ページ: 宮城 スポーツ

2017年06月27日火曜日


先頭に戻る