宮城のニュース

<震災孤児後見人横領>叔父の控訴棄却

 東日本大震災で両親を亡くしたおい(15)の未成年後見人として財産を管理中、計約6810万円を着服したとして、業務上横領罪などに問われた叔父の無職島吉宏被告(42)=宮城県石巻市東中里2丁目=の控訴審判決で、仙台高裁は27日、懲役6年を言い渡した仙台地裁判決を支持し、被告の控訴を棄却した。
 嶋原文雄裁判長は「震災の混乱に乗じた悪質な犯行で、おいの将来の資金が失われた。未成年後見人の立場を悪用しており、刑事責任は非常に重い」と述べた。
 弁護側は、被告に違法性の認識がなかったとして無罪を主張したが、判決は「おいの財産管理について仙台家裁石巻支部から十分な説明を受けていた。後見人が一方的な判断でおいの財産を使えないと認識していた」と退けた。
 高裁判決によると、2011年8月〜14年11月、おいの口座に振り込まれた震災義援金や両親の死亡共済金計約6690万円を横領。11年4月には、おいの母親に当たる姉が震災で死亡したのに「入院中」と銀行をだまし、現金計約120万円を引き出した。


2017年06月28日水曜日


先頭に戻る