岩手のニュース

<特殊詐欺>盛岡の女性950万円被害

 盛岡東署は27日、盛岡市の60代の無職女性が特殊詐欺で現金計950万円をだまし取られたと発表した。同署によると、4月上旬、女性の自宅に「盛岡駅西口にがん研究所を建設するために名義が必要」「電話をかけてきた男は詐欺で逮捕された」「あなたは共犯者になっている」との電話が相次いであった。後日、金融庁の職員を名乗る男から「あなたが逮捕を逃れるにはお金が必要」「ゆうパックで送ってほしい」と電話で指示があり、女性は5月9日までに複数回、現金を郵送した。


関連ページ: 岩手 社会

2017年06月28日水曜日


先頭に戻る