福島のニュース

双葉町一部避難解除? 東電社長が認識誤り陳謝

 東京電力の小早川智明社長は27日、就任あいさつで訪れたいわき市の福島県双葉町仮役場で取材を受けた際、福島第1原発事故に伴う全域避難が続く同町に関し、一部が解除されたと誤った認識を示した。その後謝罪した。伊沢史朗双葉町長は「真摯(しんし)に取り組まねばならない」と苦言を呈した。
 小早川社長は仮役場で伊沢町長と面会後、「一部、避難が解除された区域がある。帰還してもらえるよう、町おこしができるようしっかり取り組みたい」と述べた。記者団に誤りを指摘されると「認識が違っていたら申し訳ない」と語るなど、被災地の実情を把握できていない様子だった。
 その後に訪れた会津若松市の大熊町仮役場で取材に答え、「(双葉町の約4%に当たる)避難指示解除準備区域の今後の復興拠点のことが念頭にあり、春から避難が解除された(他町村の)エリアと取り違えて誤解を招いた。おわびする」と陳謝した。
 小早川社長は同日、双葉郡6町の役場を訪問。双葉町の伊沢町長は公共施設など町有財産に関する損害賠償請求への結論を年内に示すように要請。大熊町の渡辺利綱町長は「被災者に寄り添う原点を忘れないで対応してほしい」と要望した。小早川社長は28日も飯舘村などを回る。


2017年06月28日水曜日


先頭に戻る