福島のニュース

切符を拝見するはずが…乗車券販売員わいせつ疑い

 相馬署は27日、公然わいせつの疑いで、JR常磐線新地駅(福島県新地町)の乗車券販売員木村義典容疑者(61)=新地町駒ケ嶺=を逮捕した。逮捕容疑は26日午後4時55分ごろ、新地駅のホームで、利用客の女子高校生に下半身を露出した疑い。
 新地駅はJR東日本が駅員を配置していない無人駅。町がJR東の委託を受ける形で、窓口で乗車券を扱う販売員を置いている。容疑者は2006年から販売員を担当し、JR東から清掃業務も受託していた。新地町の担当者は「今後、処分を検討する」と話した。


関連ページ: 福島 社会

2017年06月28日水曜日


先頭に戻る