宮城のニュース

<南三陸町長選>町議選と知事選トリプル選挙に

 宮城県南三陸町選管は28日までに、任期満了に伴う町長選と町議選(定数16)を、知事選と同じ10月22日投開票で実施することになったと発表した。2013年の前回に続き3回連続でトリプル選挙となる。
 町長と町議の任期は11月5日まで。県と市町村の選挙を同時に行う際の公選法の規定に基づき、町選管の届け出を受けて県選管が同日選を決めた。告示日は7月に県選管が決める予定。
 町長選に立候補を表明したのは現職の佐藤仁氏(65)のみ。佐藤氏は28日、記者会見を開き、4期目に向けた政策構想を発表した。
 佐藤氏は「東日本大震災からの復興の総仕上げを目指す」と述べ、復興祈念公園や防潮堤の整備の加速化を強調した。食品の安全性を担保する国際認証「グローバルGAP」取得による南三陸ブランドの確立、世界津波サミットの誘致なども挙げた。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2017年06月29日木曜日


先頭に戻る