宮城のニュース

給付費不正受給 仙台市指定取り消し

 仙台市は28日、障害児通所給付費を不正に受給したなどとして、泉区の合同会社「FOR SMILING」(万城目篤志代表)が運営する同区の放課後等デイサービス事業所「アシストライフKeiki Mua(ケイキ・ムア)」の事業者指定を28日付で取り消すと発表した。
 市によると昨年6月、事業所に置く従業員数が不足していることを知りながら事業者指定を受けた上、必要な報酬の減算をせずに同年7月〜今年2月、給付金約180万円を不正に受給した。今年3月の立ち入り検査では、実際は勤務していない職員に給与を支払っていると虚偽説明した。
 事業所の関係者からの情報提供で発覚した。市は加算金を含め不正受給分を返還させる。万城目代表は取材に「虚偽の申請があったことを深くおわびしたい」と陳謝した。


関連ページ: 宮城 社会

2017年06月29日木曜日


先頭に戻る