宮城のニュース

<楽天>貯金、今季最多の22

【東北楽天3―2オリックス】1回の守備に向かう青森出身の細川捕手(手前中央)に声援を送る観客席を埋めた地元ファン=2017年6月28日、青森県弘前市運動公園野球場

 東北楽天が逃げ切り、引き分けを挟んで3連勝。貯金を今季最多の22に伸ばした。一回1死からペゲーロの左越えソロで先制し、同点とされた直後の三回には島内の左越え2ランで再び勝ち越した。先発辛島は6回1失点で6勝目。八回に3番手ハーマンがロメロのソロで1点差に詰め寄られたが、九回を松井裕が締めた。
 9安打を放ちながら、あと一打を欠いたオリックスは自力優勝がなくなった。

 東北楽天−オリックス10回戦(東北楽天8勝1敗1分け、18時2分、弘前、13,227人)

オリックス001000010=2
東北楽天 10200000×=3
(勝)辛島10試合6勝3敗
(S)松井裕32試合3勝1敗22S
(敗)金子14試合6勝5敗
(本)ペゲーロ17号(1)(金子)=1回、島内8号(2)(金子)=3回、ロメロ13号(1)(ハーマン)=8回

☆梨田の話ダ

<投手でいうなら完投>「公式戦で初めて辛島と組んだが、いままでの自分の中のデータも生かしてリードしたのだろう。4人の投手を受けて2失点。投手でいうなら完投。やはりうまさを持っている」(地元で好リードしたベテラン細川に)

☆イヌワシろっかーるーむ

<与田剛投手コーチ(今季、ビジターを含めて本拠地球場以外で4試合に先発して3勝1敗の辛島に)>「慣れないマウンドでも愚痴をこぼさず、相手も同じ状態だからといい意味で開き直って投げてくれる。細川もベテランらしい、いいリードをしてくれた」


2017年06月29日木曜日


先頭に戻る