広域のニュース

仙台・泉中央に東邦銀が新支店

仙台泉支店の営業開始に先立ちテープカットをする関係者

 東邦銀行は28日、仙台市泉区泉中央2丁目の県道仙台泉線沿いに仙台泉支店を開設した。人口増が続く泉中央地区や周辺地域で個人客向け住宅ローンなどの販売に力を入れ、進出した企業との取引拡大も狙う。
 支店は鉄骨平屋で延べ床面積約450平方メートル。ローンセンターを併設する。同センターは週末も営業する。北村清士頭取はあいさつで「泉中央周辺は東京電力福島第1原発事故で福島からの避難者も多く、成長が著しい地域。暮らしの再建や企業の発展を手伝いたい」と述べた。
 開設を記念して店内では、郡山市在住の版画家橋本広喜さんの作品展を7月21日まで開催。福島の地酒も展示する。
 泉中央周辺には七十七、仙台の地元行や、岩手、北日本、秋田、山形、きらやか、荘内各行の支店があり、競争が激化している。


関連ページ: 広域 経済

2017年06月29日木曜日


先頭に戻る