広域のニュース

「支えに感謝し 正々堂々戦う」 東北大学野球開会式

選手宣誓する富士大の小林主将

 第12回東北地区大学野球選手権開会式が28日、仙台市内のホテルであり、出場する仙台六大学、北東北大学、南東北大学各連盟の計18チームの監督、主将ら約100人が出席した。
 大会会長の駒場彰仙台六大学連盟理事長は「悔いが残らないよう頑張ってほしい」と激励。選手代表で、前回優勝した富士大(北東北大学連盟)の小林遼主将が「大会に関わる人の支えに感謝し、正々堂々と戦う」と宣誓した。
 試合は29日〜7月2日の4日間。29日は仙台市民球場と東北福祉大球場で1、2回戦6試合がある。(仙台六大学、北東北大学、南東北大学各野球連盟主催、東北放送、河北新報社など共催)


関連ページ: 広域 スポーツ

2017年06月29日木曜日


先頭に戻る