宮城のニュース

<東北大>ジェトロと連携 海外展開強化へ

 東北大と日本貿易振興機構(ジェトロ)は29日、国際的に活躍できる人材の育成や、地元企業の海外展開の支援に向けた包括的連携推進協定を結んだ。
 協定に基づき、ジェトロは東北大のプログラムに講師を派遣するほか、学生のインターンシップ先として海外の日系企業などを紹介。留学生を受け入れる国内企業も探す。
 東北大が開発に携わる農林水産物の輸出を促進するため、ジェトロはノウハウを提供。工学分野など大学発ベンチャー企業の海外展開を支援するため、外国企業との橋渡しもする。
 東北大であった調印式で里見進総長は「大学にとってグローバルな展開は重要だ」と強調。ジェトロの石毛博行理事長は「企業が求める国際的な人材の育成に寄与したい」と述べた。
 ジェトロが東北の大学と包括的連携協定を結ぶのは国際教養大(秋田市)に続き2例目。


関連ページ: 宮城 経済

2017年06月30日金曜日


先頭に戻る