宮城のニュース

「仙台ハサップ」新たに1事業所 市が四つ星評価

 仙台市は29日、高度な衛生管理に取り組む食品事業所を独自に5段階評価する「仙台HACCP(ハサップ)」制度で、食肉製品製造「伊達の牛たん本舗」六丁の目工場(若林区)を新たに四つ星と評価した。
 また、ともに弁当製造販売の日本レストランエンタプライズ仙台調理センター(宮城野区)と、こばやし(同)が三つ星から四つ星に、食肉加工卸売「栄和」日の出町工場(同)が二つ星から三つ星に、それぞれ評価を1段階上げた。
 市役所で表彰式があり、関係者に記念の盾が贈られた。仙台ハサップは設備機器の衛生管理と保守点検、従業員の衛生教育などの取り組みに基づき、現在38事業所が評価を受けている。


関連ページ: 宮城 社会

2017年06月30日金曜日


先頭に戻る