宮城のニュース

旭岳の遺体は仙台市職員

 北海道警旭川東署は29日、東川町の大雪山系・旭岳(2291メートル)の9合目の斜面で発見された遺体の身元が、仙台市青葉区の同市職員、関根雅夫さん=当時(53)=と判明したと発表した。同署によると、歯型から身元が判明した。関根さんは昨年10月23日、日帰りの予定で、1人で旭岳に入ったが、同日夜になっても連絡が取れず、家族が署に相談した。


関連ページ: 宮城 社会

2017年06月30日金曜日


先頭に戻る