宮城のニュース

<楽天>則本、茂木 オールスター選手間投票選出

オールスター戦に選手間投票で選出され、ポーズをとる東北楽天・則本=コボパ宮城

 プロ野球マイナビオールスターゲーム2017の選手間投票の結果が29日に発表され、既にファン投票で出場が決まった23選手に加え、パ・リーグ投手部門でトップとなった則本(東北楽天)ら8選手が新たに選出された。東北楽天からは遊撃手の茂木も選ばれた。
 セ・リーグでは捕手の小林、一塁手の阿部、三塁手のマギーと巨人勢3人が選ばれ、パは一塁手の内川(ソフトバンク)、外野手の近藤(日本ハム)、指名打者のデスパイネ(ソフトバンク)が選出された。28日に椎間板ヘルニアの手術を受けた近藤は出場辞退を表明した。
 7月3日に監督推薦の結果が発表され、両リーグ28人ずつの全出場選手が出そろう。7月14日にナゴヤドームで第1戦、同15日にZOZOマリンスタジアムで第2戦が行われる。

<2年連続の則本「純粋に楽しみたい」>
 東北楽天の則本は2年連続3度目の球宴選出。過去2度はいずれも監督推薦で、初の選手間投票での選出に「すごく光栄。普段同じ世界でプレーしている方たちに選んでもらえてうごくうれしい」と喜んだ。
 対戦したい相手には、DeNAの筒香を指名。「去年ホームランを打たれてMVPを取らせてあげたんで、今回は筒香も分かっていると思う」と冗談を交えつつ、「(連続2桁奪三振記録を8試合に伸ばした今月8日の試合で)節目の三振を筒香から取れたのは僕としてもうれしかった。球宴はレギュラーシーズンとは別なので、対戦を純粋に楽しみたい」と話した。

<初選出の茂木「雰囲気味わいたい」>
 茂木はプロ2年目で初選出。負傷中のため記者会見には出席せず「選手の皆さんから選んでいただき、大変光栄に思います。初めてなので球宴独特の雰囲気を味わいたいし、最高峰でプレーする先輩方からいろいろなことを学びたい」と球団を通じてコメントを出した。
 17日の阪神戦で右肘を痛めて離脱中で、球宴までに実戦復帰が間に合わない可能性もある。梨田監督は「炎症は治まったと昨日報告を受けたが、先のことは分からない。辞退すれば(球宴後の10試合に出場できない)ペナルティーがあるが、無理して出場して長引かせるのは良くない」と複雑な心中を語った。


2017年06月30日金曜日


先頭に戻る