福島のニュース

山形新幹線クマと衝突、500人に影響

 29日午後6時50分ごろ、福島県福島市のJR奥羽線赤岩−板谷間で、東京発山形行きの山形新幹線下りつばさ149号(7両編成)がクマと衝突、約1時間後に運転を再開した。乗客約270人と乗務員にけがはない。JR東日本福島支店によると、後続の山形新幹線と在来の普通列車の下り各1本を含め、乗客計500人が影響を受けた。


関連ページ: 福島 社会

2017年06月30日金曜日


先頭に戻る