宮城のニュース

みなと祭御座船「龍鳳丸」のチョロQ発売

御座船の龍鳳丸をデザインしたチョロQ

 塩釜商工会議所は、毎年7月開催の塩釜みなと祭で松島湾を巡る御座船「龍鳳(りゅうほう)丸」のミニカー「チョロQ」を1万個製作し、市内で1日に発売する。みなと祭の第70回を記念した。
 志波彦神社(塩釜市)のみこし、迫力ある竜頭など、船のデザインを忠実に再現。新たな塩釜の土産品として昨年販売した、もう1隻の御座船チョロQ「鳳凰(ほうおう)丸」に続いて製作した。
 塩釜商議所は30日、志波彦神社に完成を報告。神事の後、保育所の園児7人がチョロQを走らせた。
 桑原茂会頭は「好評だった鳳凰丸に続き、龍鳳丸も出来栄えがいい。祭の盛り上げにつなげたい」と話す。
 価格は1500円。市内の小売店、ホテル、郵便局などで販売する。


関連ページ: 宮城 社会

2017年07月01日土曜日


先頭に戻る