宮城のニュース

<東北線>停電で35本が運休

 1日午前4時25分ごろ、JR東北線名取−南仙台間で、線路脇の竹が架線に倒れかかり停電した。JR東日本仙台支社が竹を撤去後に安全点検を行い、約3時間20分後に運転を再開した。
 事故の影響で東北、常磐、仙台空港アクセス各線の上下線計35本が運休、10本が最大1時間40分遅れ、乗客約5400人に影響した。


関連ページ: 宮城 社会

2017年07月01日土曜日


先頭に戻る