宮城のニュース

<八木山動物公園>ふれあいの丘オープン

屋外展示場でヤギと触れ合う来園者たち

 仙台市八木山動物公園(太白区)の新施設「ふれあいの丘」が1日、オープンし、子どもたちが動物との触れ合いを楽しんだ。
 開所式には約50人が出席。奥山恵美子市長があいさつで「動物たちと触れ合うことで命のぬくもりを感じてもらえれば、子どもたちにとっても大変良い学びの場になる」と述べた。
 八木山小の5年生30人が招かれ、飼育員が鳥をひもなしで空に放ち、笛の合図で呼び戻す「フリーフライト」のショーを見たり、動物に触るなどした。
 ヤギの毛をブラッシングした遠藤虹光(にこ)さん(10)は「毛がふさふさで、かわいかった。近くで一緒に遊べて楽しい」と話した。
 動物との触れ合いイベントはウサギが午前10時半〜11時、ヤギ、ヒツジが午前10時〜11時半、午後1時半〜3時。動物の餌やり体験(有料)や、鳥のフリーフライトのショー(午後1時)もある。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2017年07月02日日曜日


先頭に戻る