宮城のニュース

<ドローン>仙台市、中小向け補助金創設

 仙台市はIoT(モノのインターネット)や小型無人機ドローンを活用した製品・サービスの開発を支援するため、市内の中小企業対象の補助金を創設し、公募を始めた。
 補助は市内に事業所や工場があるか、来年2月末までに設置する中小企業が対象。IoTやドローンに関連した製品・サービスの開発支援として最大300万円を補助する。従来のものづくり製品開発に対する最大200万円の補助制度も並行して続ける。
 申請は21日まで。有識者らの審査会を経て、8月中旬に交付先が決まる。市産業振興課は「今後、急速な市場拡大が見込まれる分野に挑戦する企業を応援したい」と説明する。連絡先は同課022(214)8278。


関連ページ: 宮城 社会

2017年07月03日月曜日


先頭に戻る