宮城のニュース

東北、大雨の恐れ 仙台管区気象台

道路の水たまりを避けながら傘を差して行き交う歩行者=3日午前9時30分ごろ、仙台市青葉区中央4丁目

 仙台管区気象台は3日、梅雨前線の影響で、東北地方の日本海側を中心に激しい雨となる恐れがあるとして、土砂災害や河川の増水、低い土地への浸水に注意を呼び掛けた。
 管区気象台によると、東北南部に停滞する前線に暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定になる。3日は日本海側を中心に、1時間に40ミリの雷を伴った激しい雨が降る所もある見込み。
 4日にかけても大雨となり、4日午前6時までの24時間雨量は、多い所で日本海側南部200ミリ、日本海側北部120ミリ、太平洋側南部80ミリと予想される。
 仙台市青葉区中央4丁目の交差点では、前夜からの雨で道路に水たまりができ、傘を差した市民が足元を気にしながら歩いていた。
 管区気象台によると、4日の東北も前線の影響で曇りや雨となる見通し。


関連ページ: 宮城 社会

2017年07月03日月曜日


先頭に戻る