宮城のニュース

<楽天>先発岸崩れる「反省して切り替える」

【東北楽天4―5ソフトバンク】8回途中、2失点でマウンドを降りる先発の岸=コボパ宮城

 東北楽天の岸が八回に崩れ、逆転負けを喫した。6月4日の中日戦以来の黒星で3敗目。「疲れはなかった。調子は悪くなかったと思うが…」と悔しそうだった。
 二回、松田にソロを浴びたものの、その後は抑えて七回まで3安打1失点。9番から始まる八回も続投したが、1死から川崎に二塁打、今宮に四球を許し、柳田に右前適時打を打たれて降板。残した2走者も松井裕が返され、岸は7回1/3で4失点となった。
 今季11度の登板は全てクオリティースタート(6回以上で自責点3以下)だったが、初めて達成できなかった。「いろいろと後悔はある。反省して切り替えたい」と語った。


2017年07月03日月曜日


先頭に戻る